講演者ご紹介




Jack W. Moorman
Chairman, US-Japan Medtech Frontiers
Partner, Nichibei MedTech Advisors, LLC
Principal, LeVaunt, LLC


Jack Moorman is a Partner in Nichibei MedTech Advisors and the Principal at LeVaunt, LLC. Both are consulting firms providing advisory services to companies and organizations, prmarily early stage ventures in the field of healthcare. He is honored to be named Visiting Faculty Member, Graduate School of Medicine, Osaka University.

Jack is also Chairman of US-Japan Medtech Frontiers, a 501( c ) (3) USA nonprofit organization. US-Japan Medtech Frontiers organizes conferences and symposia in Japan to promote collaboration to create and commercialize novel medical devices. Since 2014, USJMF has organized conferences in Sendai, Osaka, Hiroshima, Okinawa, and Shizuoka. In addition, each year USJMF has organized a symposium for Japanese senior executives held in Tokyo with the support of the US Embassy and other organizations. USJMF is also a strong supporter of the Japan Biodesign Program, now in its fourth year.

With an undergraduate degree in Engineering from the University of Illinois, Jack initially worked in the semiconductor industry leading groups in packaging, testing, assembly, and military products. Jack was the first employee sponsored by Intel to attend the prestigious Stanford Business School Sloan Program where he received an MS in Management. On returning to Intel after the program, he transferred into the semiconductor equipment side of the business. After assignments in manufacturing, field service, and marketing he moved to Fairchild Test Systems where he was Director of Engineering. After Fairchild he spent five years as founder and director at GenRad Semiconductor Test, Inc. Subsequently Jack was hired by Nanometrics, Inc., a public company, where he was promoted to President. Following Nanometrics, Jack did company turn-arounds in semiconductor equipment, medical devices, and in LCD manufacturing equipment. In 1992 Jack founded Cardiac Mariners where he was co-inventor of a novel x-ray system. In 1999, he founded MCT Medical which was merged with Vivant Medical and where he was CEO and co-inventor of their microwave ablation technology. Vivant was later sold to Tyco.

Jack has been involved in a wide array of companies, technology, and products. In addition to a turn-arounds and serial entrepreneurship, he has held Board membership at one of the largest U.S. providers of skilled nursing and assisted living, and consulted with: a Russian investment group on fiber lasers; a Chinese company supplying polyurethane materials; a ski equipment company; a company supplying consumer products to big box stores; Japanese companies seeking medical device acquisitions; and orthopedics robotic companies. More recently he has been assisting Japanese companies in developing innovative medical devices and serves on the Boards of two early stage medical device companies and advises others. To date, he has fourteen issued U.S. patents.

Dr. John B. Simpson, Ph.D.,M.D.

シンプソン氏は、オハイオ州立大学で農業学士号を取得し、その後、デュ―ク大学でM.D.を取得。テキサス大学で生物学 の博士号を取得し、続いて、スタンフォード大学でinterventional cardiology フェローシップを修了。 同氏は、世界中で死因のトップとなっている心疾患の課題を解決するために、40 年以上に渡り、臨床そしてビジネス分野 においてリーダーシップを発揮し続けています。1978 年には、それまで限定的な症例に限られていた冠動脈の狭窄部で バルーンを膨らませて治療する「PTCA(経皮的経管的冠動脈形成術)」を、「オーバーザワイヤー」方式を考案することで 一気に適応を拡大することに成功しました。これにより、世界中で数千万人の命を救ったと推測されています。このオーバ ーザワイヤーPTCA は無数の命を救うだけではなく、その原理は今日使用されている低侵襲デバイスの多くの基礎をなすコ アメカニズムとして使用されています。同氏のシリアルアントレプレナー(連続起業家)としてのキャリアの中で有名なもの は、Advanced Cardiovascular Systems(1981 年にEli Lilly に売却)、Vascular Intervention(1990 年にEli Lilly に売却)、 心臓血管イメージングシステムCardiovascular Imaging Systems(1994 年にボストンサイエンティフィックに売却)、 Perclose (1999 年にAbbott に売却)、プラーク切除システム開発 FoxHollow Technologies(2007 年にev3 と統合)な どがあり、これまで売却で得た資金は総額で17 億ドルにも上ります。同氏はAmerican College of Physicians のメンバー で、American Cardiology College の理事でもあります。心血管インターベンションに関する幅広いテーマを発表し、世界中 で講演を行なっています。これまでの同氏の主な受賞歴は、欧州心臓学会アンドレアス・グルンツィッヒ賞、EY アントレプレ ナー・オブ・ザ・イヤーを始め、多数に上ります。

池野 文昭
Program Director (U.S.)
Japan Biodesign
Stanford Biodesign


医師。9年間、僻地医療を含む地域医療に携わり、2001年から スタンフォード大学循環器科での研究を開始し、以後、200社を超える米国医療機器ベンチャーの研究開発、動物実験、臨床試験等に関与する。医療機器における日米規制当局のプロジェクトにも参画し、国境を超えた医療機器エコシステムの確立に尽力している。スタンフォード大学では、研究と平行し、14年から、Stanford Biodesign Advisory Facultyとして、日本版Biodesignの設立にも深く関与。日本にもシリコンバレー型の医療機器エコシステムを確立すべく、精力的に活動している。

After graduating from Jichi Medical University, he began practicing general medicine in the rural areas of Japan. Fumiaki joined the Department of Cardiovascular Medicine at Stanford University in 2001, and closely involved with the R&D, animal studies, and clinical studies of many medical devices startups. He is also actively involved in projects with the US and Japanese regulatory agencies working to create an effective cross-border medical device eco-system. Fumiaki has also been an advisory faculty for the Stanford Biodesign Program since 2014. He is deeply involved with the development of the Japan Biodesign Program and is working diligently to establish a Silicon Valley-like medical device eco-system in Japan.

Jeff M. Trost
Venture Principal, Rock Health, Green Box Ventures


Jeff Trost is a Director at GCA Savvian, where he has approximately 10 years of investment banking experience focused on medical technologies, including diagnostic imaging and patient monitoring devices, surgical equipment and orthopedic / biologic products

Jeff has significant experience with cross-border M&A transactions between Japan / Asia Pacific and the US, having advised many Asian buyers on their investment and acquisition strategies in the US

Select transactions include:
 ・Pathfinder Technologies acquired by Analogic Corporation
 ・BioServe acquired by ReproCell (Japan / US M&A)
 ・Medicine360 licensing agreement with Actavis
 ・Nihon Kohden's acquisition of Defibtech (Japan / US M&A)
 ・SonoSite acquired by FujiFilm (Japan / US M&A)
 ・Olympus' acquisition of Stryker's OP-1 assets (Japan / US M&A)
 ・SonoSite's acquisitions of VisualSonics and CardioDynamics

Jeff received a BS in Biomedical Engineering, Electrical Engineering and Economics from Duke University

内田 毅彦
株式会社 日本医療機器開発機構 代表取締役


– Board Certified physician in Internal medicine and Cardiology
– Founder and CEO of JOMDD, Inc. (Tokyo, Japan), the Japanese first medical
 device incubator (2012- current)
– Founder and CEO of Necess Medical, LLC, a Silicon Valley-based consulting firm
 for start-up medical device companies (2011-2013)
– General Management Program from Harvard Business School (2010)
– Medical Director at Boston Scientific Corporation (2007-2011)
– The first Japanese Medical Officer/Reviewer at the Center for Devices
  and Radiological Health, U.S. FDA (2005-2007)
– COO at the Center for Clinical Trials of Japanese Medical Association
 (2003-2005)
– Fellow at Harvard Clinical Research Institute/Harvard Medical School
 (2002-2003)
– M.S. in Epidemiology from Harvard School of Public Health (2002)

阿久津 靖子
株式会社MTヘルスケアデザイン研究所代表取締役
Aging2.0東京チャプターアンバサダー
日本次世代型先進高齢研究機構代表理事


津田塾大学国際関係学科卒業
筑波大学理科系修士環境科学研究科修了

大学院修了後GKインダストリアルデザイン研究所にてデザインリサーチや都市計画のプランニングに携わる。その後、 子育てのために退社フリーでデザインコンセプトプランニングなどを行う。子どもの手が離れた後、子ども家具・寝具などのブランディングからプロダクト開発・店舗開発に携わり、 2008年よりヘルスケアに特化したデザイン事業を行い、2011年にMTヘルスケアデザイン研究所を設立。

八木 雅和
大阪大学大学院医学系研究科 バイオデザイン学共同研究講座特任准教授(常勤)
ジャパン・バイオデザイン プログラム・ダイレクター


2003年 東京大学大学院工学系研究科電子工学科 博士課程修了
同 年  大阪大学大学院歯学研究科 助手
2006年 大阪大学歯学部附属病院 講師
2008年 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター 特任准教授(常勤)
2014年 スタンフォード大学バイオデザイン グローバルファカルティトレーニング修了
2015年 大阪大学国際医工情報センター(大阪大学臨床医工学融合研究教育センターが改組)
      特任准教授(常勤)
      ジャパン・バイオデザイン プログラム・ディレクター
2016年8月 大阪大学大学院医学系研究科 招へい教員
        一般社団法人 臨床医工情報学コンソーシアム関西 上席研究員
2017年3月 大阪大学大学院医学系研究科 バイオデザイン学共同研究講座
         特任准教授(常勤)

生体の数理モデリング、および、専門家の知識を実装した意思決定支援システムに関する研究、ならびに、革新的な医療技術を創出する人材育成プログラム開発に従事。

Kirk Zeller
Board Member, USJMF, Partner, Nichibei MedTech Advisors, LCC
Board Member Co-Founder, MedMarket Access, LLC


Kirk Zeller has twenty-five years of experience bringing to market innovative medical devices in markets around the world. Kirk's masters and doctoral research and study focused on healthcare start-ups, he continues to work closely with start-up companies, and frequently judges pitch competitions. Kirk’ s functional expertise includes sales, marketing, channel management, market development, business development, and commercial development for companies including J&J, Micrus Endovascular, SI-BONE, PneumRx, Japan Lifeline, and Goodman (NIPRO). Over the last two decades Kirk has facilitated the launch of a wide range of medical devices in Japan and other international markets.

青山 竜文
株式会社日本政策投資銀行 ヘルスケア室長 兼 産業調査部課長


Tatsufumi Aoyama Senior Vice President, Healthcare Industry Office & Chief Manager, Industrial Research & Customer Solution Planning Office, Development Bank of Japan Inc.

[ Bio ] Tatsufumi Aoyama (Tatsu) joined DBJ in 1996. He has been dedicated to healthcare industry for thirteen years, since he set up DBJ’s Healthcare Industry Office from scratch. Previous to this position, he served five years gaining experience in finance of startup companies. One of his most recent papers, “Possibility of pushing forward digitalization of Japanese medical sites”, was published in September 2018. He holds a BA (Economics) from the University of Tokyo and an MS (Management) from Stanford Business School.

楢﨑 浩一
SOMPOホールディングスグループCDO 常務執行役員


早稲田大学政治経済学部卒業後、1981年4月、三菱商事株式会社に入社。20年間、本社および米国シリコンバレーオフィスにて勤務。 ベンチャーの魅力に惹かれ、2000年に現地startupのLineo, Inc.に転職、 その後、株式会社ACCESS副社長、IP Infusion, Inc. CEO、Midokura Group President &COO、と16年間にわたり、ソフトウェアのベンチャー企業各社で事業開発や経営に携わる。シリコンバレーには通算12年在住。 2016年5月、SOMPOホールディングス株式会社の初代Chief Digital Officerに就任し、グループ全体のデジタル戦略を統括・推進する。

澤根 巨樹
沢根スプリング株式会社 取締役


緑(母の名前)の下には樹がある。その樹が大きく育ってほしいという願いを込めて名付けられた。 東京理科大学数学科在学中、当社の製品適正在庫を卒業論文で取り上げ、学んだことを活かそうとするが小ロット・小口受注への移行時期と重なり、そもそも在庫を持つ必要がなくなった為社内にとり入れる機会なく終わる。
2007年同大学卒業を機に米国の同業他社へ武者修行を決行。英語はもちろんのこと、コミュニケーション能力の向上、人生観が劇的に変わる。モットーである「明日死ぬかもしれない。明日死んでも後悔しないように生きる」と24歳で悟る。
2009年当社の中国合弁会社(無錫澤根スプリング有限公司)に現地採用され、中国人100人に対して日本人1人24歳で向き合った。2012年には1人で中国独資会社(無錫サミニスプリング有限公司)を設立し、現在当社の医療向け主力製品である“マイクロコイル”を中国国内と世界各国へ販売している。6年間の中国生活で中国人らしい“したたかさ”を習得し、現在の仕事に活かしている。
2015年4月に帰国し、自社の医療新製品の立ち上げや新事業の検討など様々なことを吸収して少しずつ樹の幹を太く、太くしている真っ只中である。

粕川 博明
テルモ株式会社 執行役員 CTO 理学博士


テルモ㈱ 執行役員 チーフテクノロジーオフィサー(CTO): テルモグループ全社の研究開発を連携を推進し、内部開発力強化、連携によるシナジー創出を担う。1988年テルモ㈱入社技術開発本部配属し、合成新薬開発を担当。1996-1998年ハーバード大学・テルモ共同開発プロジェクト。1999-2005年米国赴任、新規技術・ベンチャー企業の探索・導入活動、並びに社内技術の欧米開発を担当。主な研究開発領域は、医薬品開発、薬剤と医療器のコンビネーション製品、人工赤血球開発他。2009年から開発企画部長を経て、2013年より執行役員・研究開発本部長、テルモメディカルプラネックス担当。現CTO。東邦大学大学院修了 理学博士。日本DDS学会評議員他。

寺田 賢人
浜松信用金庫 法人営業部 地方創生戦略推進センター 調査役代理


中小企業診断士
2017年4月~ 現職
2019年9月~ スタンフォード大学アジア太平洋研究センター
          (Stanford University Asia-Pacific Research Center )
          にて客員研究員として活動予定

ホーム